BL HY COATER

最先端の特殊ハイブリット塗料

BL Silver Coat RT 施工方法

10159 views

BL Silver Coat RT 施工方法

BLシルバーコートRTは、専用プライマー / シルバー主剤 / 専用トップクリアーの3工程の塗装を行う事によりシルバークローム調の最終表面処理を実現致します。筆者は約3年間に渡りこの特徴的な特殊塗料に触り続け、BLシルバーコートRTの施工方法を模索しておりましたが、ここに遂にスプレーガンを使った手塗りによる施工方法を確立致しました。以下にその施工方法に関する全て、及び施行中に注意するべきポイントを明記致します。

施工方法 : 動画をご用意

このページの下部に、各塗装工程 (プライマー / シルバー主剤 / トップクリアー ) に関する動画をご用意致しました。これら3本の動画をご覧頂ければ、今迄は非常に難しいとされていたBLシルバーコートRTの施工ですが、以降はどなたでもBLシルバーコートRTが持つ本来のポテンシャルを十二分に引き出しつつ、常に同じレベルでの施工結果を得る事が出来る様になります。どうか是非ご参考にされて下さい。

BL Silver Coat RT : 施工は3工程
◯ プライマー : 主剤 / 硬化剤 / シンナー
◯ シルバー主剤 : シルバー主剤 / シンナー
◯ トップクリアー : 主剤 / 硬化剤 / シンナー

BLシルバーコートRT : 合計8本セット

重要ポイント

施工基材の下地 : 鏡面化

クロームメッキ調や金属調、または鏡の様な仕上がりを目指されている場合、塗装以前に何よりも施工基材における施工面の状況が非常に重要なポイントになります。まずはパテやサフェーサーを使用し施工面を可能な限り鏡面状態にして下さい。

プライマー施工面の処理

プライマーの完全乾燥後、プライマーの表面に白い粉状の異物やプライマー乾燥中に付着したゴミ物などが残っていると、シルバー主剤を施工した際、それら全てがシルバーの発色を阻害し、結果シルバー施工面の『滲み』や『染み』また『曇り』や『くすみ』の原因となります。実はこのプライマー完全乾燥後のプライマー表面に存在する異物こそが、BLシルバーコートRTの施工結果が失敗となる全ての原因でした。BLシルバーコートRTのプライマーは非常にデリケート且つシビアな塗膜であり、指や布でその表面に触れるだけで指紋や布目の小傷が直ぐにプライマー表面に付いてしまう為、今までは完全硬化後のプライマー表面に対する対応を取る事が出来ませんでした。しかし、約3年に渡り筆者が様々なメーカーのウエス等々で検証を行った結果、唯一、3M社製のウエス [ 3M仕上げワイプ5351 ] のみ、プライマー表面に傷を付ける事無くそれら異物を完全に除去する事が可能である事を確認致しました。このプライマー表面の拭き取り作業を行う様になって以降、BLシルバーコートRT全体の施工結果に関し失敗の事例は殆ど無くなった上、今迄以上に豊な輝きと発色を放つ金属調のシルバー施工面を表現する事が出来る様になりました。以下にご案内を致します3M仕上げワイプ5351を使ったプライマー完全乾燥後の表面処理は、BLシルバーコートRT施工全般に関して最も重要となる作業工程ですので、必ず実施して下さい。

  • プライマー施工面の処理-1 : 3M仕上げワイプ5351に除電シリコンオフを湿らせ、丁寧にプライマー表面の異物やゴミ物を除去する。
  • プライマー施工面の処理-2 : 別の乾いた3M仕上げワイプ5351にて、除電シリコンオフの成分や拭き残し跡を完全に拭い去る。

シルバー主剤 : スプレーガン設定

◯ シルバー主剤を施工される際、スプレーガンは以下の設定として下さい。

シルバー主剤 : スプレーガンの設定
◯ パターン : 全開
◯ 吐出量 : 1-1/2回転戻し
◯ エアー圧 : 0.3Mpa
◯ ガン距離 : 15cm
※ ガンと施工面の距離が遠いとシルバーの発色が黄色味を帯びる事があります。

シルバー主剤 : スプレーガン口径
◯ ニードル・サイズ : 0.8〜1.4mm

シルバー主剤の希釈率
◯ シルバー主剤 : 専用シンナー = 1 : 2

重要 : 強制乾燥

◯ 各工程の施工後、熱を加え強制乾燥 (乾燥機使用) を行って頂く事を推奨致します。強制乾燥により施工面に残るシンナーや溶剤の成分を完全に除去する事が重要となります。

強制乾燥条件 : プライマー及びトップクリアー
施工後常温にて10分間程のセッティングを終えた後、80℃ (部材温度) / 40分〜60分程強制乾燥。

強制乾燥条件 : シルバー主剤
施工後常温にて10分間程のセッティングを終えた後、80℃〜150℃ (部材温度) / 30分〜40分程強制乾燥。

常温乾燥の場合
◯ プライマー : 施工後、5日以上常温にて乾燥 (気温25℃の場合)。
◯ シルバー : 施工後、5日以上常温にて乾燥 (気温25℃の場合)。
◯ トップクリアー : 施工後、5日以上常温にて乾燥 (気温25℃の場合)。

1. プライマー施工方法

[ プライマー希釈比 ] 主剤 : 硬化剤 = 6 : 1 / シンナー : 主剤の40〜60%

  • ワイドパターンにて一気に塗り上げる。
  • プライマーがレベリングした後、施工面が周囲の状況を反射する様な艶やかな鏡面の塗り肌とする。
  • ゴミ物の付着に注意 : プライマーは通常のウレタン塗装と同様に磨く事が出来ます。
  • 施工終了後、十分に乾燥させる。
  • レベリングに要する時間 : 5~10分 / 強制乾燥を行う際はこの時間を経過後施工の事。
  • 推奨膜厚 : 10~20μm
  • 強制乾燥 : 施工後常温にて10分間程のセッティングを終えた後、80℃ (部材温度) / 40分〜60分程強制乾燥。
  • 常温乾燥 : 施工後、5 日以上の放置 (気温25℃の場合) を推奨。

◯ 施工基材の大きさや厚さ、また材質により強制乾燥の温度 / 時間など適時調整をお願い致します。
◯ 強制乾燥により溶剤やシンナーの成分を完全に除去して下さい。

2. シルバー施工方法

プライマー施工面の処理 : プライマーが完全乾燥した後以下の作業を必ず行って下さい
3M仕上げワイプ53651にて施工面を拭き上げる

  • 3M仕上げワイプ5351に除電シリコンオフを染み込ませ、プライマー施工面に存在する不純物を除去する。
  • その後、別の乾いた3M仕上げワイプ5351にて、プライマー施工面を乾拭きし除電シリコンオフの拭き残しなどを完全に除去する。

[ シルバー希釈比 ] シルバー主剤 : シンナー = 1 : 2
シルバー主剤 : スプレーガンの設定
◯ パターン : 全開
◯ 吐出量 : 1-1/2回転戻し
◯ エアー圧 : 0.3Mpa
◯ ガンと施工面の距離 : 15cm
※ ガンと施工面の距離が遠いとシルバーの発色が黄色味を帯びる事があります。

  • スプレーガンを上記の設定にする。
  • シルバー主剤は思い切って多目に載せる = “ドブ漬け”をイメージ : 薄目には載せない。
  • シルバー主剤を施工後、直ぐにエアーブローを行い一気にシルバーを発色させる。
  • 上記塗装を繰り返し、施工面に5〜6回程度シルバー主剤を重ねる。
  • シルバー主剤の施工面は磨き原則不可。
  • 施工終了後、十分に乾燥させる。
  • 塗装粘度 : 6~8 S / IHS
  • 推奨膜厚 : 0.2μm
  • レベリングに要する時間 : 5~10分 / 強制乾燥を行う際はこの時間を経過後施工の事。
  • 強制乾燥 : 施工後常温にて10分間程のセッティングを終えた後、80℃〜150℃ (部材温度) / 30分〜40分程強制乾燥。
  • 常温乾燥 : 施工後、5 日以上の放置 (気温25℃の場合) を推奨。

◯ 施工基材の大きさや厚さ、また材質により強制乾燥の温度 / 時間など適時調整をお願い致します。
◯ 強制乾燥により溶剤やシンナーの成分を完全に除去して下さい。

3. トップクリアー施工方法

[ トップクリアー希釈比 ] 主剤 : 硬化剤 = 8 : 1 / シンナー : 主剤の40〜60%

  • ワイドパターンにて一気に塗り上げる。
  • 厚塗りに注意 = トップクリアーを厚くすると金属調の光沢感が後退する傾向となる。
  • ゴミ物の付着に注意 : トップクリアーは通常のウレタン塗装と同様に磨く事が出来ます。
  • 施工終了後、十分に乾燥させる。
  • 塗装粘度 : 8~10 S / IHS
  • 推奨膜厚 : 10~20μm
  • レベリングに要する時間 : 5~10分 / 強制乾燥を行う際はこの時間を経過後施工の事。
  • 強制乾燥 : 施工後常温にて10分間程のセッティングを終えた後、80℃ (部材温度) / 40分〜60分程強制乾燥。
  • 常温乾燥 : 施工後、5 日以上の放置 (気温25℃の場合) を推奨。

◯ 施工基材の大きさや厚さ、また材質により強制乾燥の温度 / 時間など適時調整をお願い致します。
◯ 強制乾燥により溶剤やシンナーの成分を完全に除去して下さい。
◯ トップクリアーはウレタン系塗料ですので、キャンディーカラーや顔料などによる調色が可能です。

施工解説動画

BLシルバーコートRTの施工方法を解説致しました動画です。1 ) プライマー編 : 2 ) シルバー主剤編 : 3 ) トップクリアー編の3部構成となります。各パートの施工方法に関しまして重要な情報や各パートでの施工のコツ、また施工に失敗をした際の状況やその対処方等々を全て網羅致し、BLシルバーコートRT施工に関します成功の為の最短距離をご案内致しております。こちらの動画を最後までご覧頂けましたら、どなたでもBLシルバーコートRTの施工を躊躇なく行って頂く事が可能となります。

[ 1 ] : BLシルバーコートRT / プライマー施行編
[ 2 ] : BLシルバーコートRT / シルバー施行編
[ 3 ] : BLシルバーコートRT / トップクリアー施行編

塗膜性能評価

表面硬度三菱UNI鉛筆使用 / 荷重500g / 3H
付着性碁盤目2mm試験 / セロテープ剥離 | 100/100 | 異常なし
不粘着性ガーゼ5枚重ね / 荷重 Ø 40/500g 70℃ × 4h | 異常なし
耐熱性90℃ × 120h | 異常なし
耐湿性40 ± 1℃, 95%RH以上 × 120h 変色無き事 | 異常なし
耐水性40℃ 侵漬 × 48h | 異常なし
冷熱繰り返し性-30℃ (1h) ⇔ 80℃ (2h) × 3 cycle | 異常なし
耐光性フェードメーター × 200h | 異常なし
耐衝撃性デュポン式 R=1/2inch W=500g H=300mm | 異常なし
耐アルカリ性0.1N-NaOH 55℃ × 8h スポット 変色無き事 | 異常なし
耐酸変色性0.1N-H2SO4 RT × 48h スポット 変色無き事 | 異常なし
耐人汗性JIS0804法 人工汗液 40℃ 90%RH × 120h | 異常なし

ご注文

お問合せ

有限会社プレゼンス / BAD LAND
〒230-0073 神奈川県横浜市鶴見区獅子ケ谷2-39-45
TEL 045-717-7026 / FAX 045-717-7027
e-mail : info@badland.net
◯ ご不明な点などございましたら、お気軽に弊社までご連絡下さい。
◯ お取扱店様募集中です。 詳細などお気軽にお問い合わせ下さい。