#

BL HY-COATER

Cutting-edge hybrid coats

超薄膜施工時の… モノ凄く! 強い味方!!

360 views

超薄膜ワイドパターン : Devilbiss LUNA MARK-ll i 254

弊社取扱の特殊塗料の多くは “薄膜” と言う言葉がキーワードとなっておりまして、この塗料の推奨膜厚は1ミクロンですとか、BLシルバーコートRTのシルバーなどに至りましてはそれはたったの0.2ミクロン!!であったり等々、とにかく薄ければ薄い程、塗料自体の密着性が上がったりですとか、またその塗料に付与された特殊な機能が十分に発揮されたりも致しますので、いかに薄く塗料を載せるかは弊社の場合、非常に重要なファクターとなって参ります。

ただ、この薄膜にての塗装となりますと、これは私個人が塗装に関しては全くのど素人と言う事も大きく起因をしている事とは思いますが、非常に難しい。。。とにかく至る所、色の乗りが薄かったり濃かったり致しまして、所謂ムラだらけとなり、とてもとても均一の色味で作業を終える事が出来ません。そんな中、何気にスプレーガン系のキーワードでネットを調べておりました所、本日ご紹介をさせて頂きます、こちらのスプレーガンの存在を知りまして… 即オーダーを致しました!!

Devilbiss LUNA MARK-ll i 254 : 超薄膜ワイドパターン専用のスプレーガン

新たに“超薄膜ワイドパターン”を追加。
幅広いユーザーのニーズに応える。
より微細化、均一化、安定化する” 進化した微粒化” 方式。
ぺインターの多岐に渡る” 要望に応える”

「カラークリアー」や「キャンディ」、「高輝度メタリック」といった高度な技術が要求される塗装が増えています。” デビルビス伝統の技術” を進化させ、さらなる高性能化を実現させ新たな領域に「iシリーズ」を誕生させました。今まで出来なかった事が ”出来る”、今まで困難だった事が ”容易” になります。

CFTランズバーグ株式会社様 WEB SITEより引用
http://www.carlisleft.co.jp/devilbiss/products/handgun-luna2i.html

この [ 今まで出来なかった事が ”出来る”、今まで困難だった事が ”容易” になります。] のキャチコピーは本当に素晴らしく、施工結果は、全くその言葉の通りでありました。以下の写真は、このスプレーガン : Devilbiss LUNA MARK-ll i 254を使用し、BL SPARKLE COAT を施工した写真であります。メッキの上に一切の足付作業を行う事無くダイレクトに塗装可能なBL SPARKLE COATでありますが、厚く塗りすぎてしまうと乾燥後に塗膜が引っ張られクラックが生じる事がありまして、塗装作業の未熟な私にはかなりハードルの高い塗料であったのですが、このスプレーガンを使用しての施工は本当に簡単でありました。

メッキパーツにBL SPARKLE COAT / クリアーを施工。
メッキパーツにBL SPARKLE COAT / イエローを施工。

クリアーの場合、写真ではその塗装の具合をよく確認して頂く事は難しいと思いますが、イエローの施工例でしたら色ムラも無く均一の色味が表現されている事をご覧頂けるかと思います。

別段、Devilbiss社様からの宣伝要請などは一切無かった事を明記させて頂きつつ、とにかく薄膜にての施工が必要となる際は、こちらの記事にてご紹介をさせて頂きましたスプレーガンは、本当にオススメかと思いましての本日の投稿でありました!!

Devilbiss LUNA MARK-ll i 254

メッキパーツにBL SPARKLE COAT / クリアーを施工

メッキパーツにBL SPARKLE COAT / イエローを施工

デビルビズ LINA2i 塗装実演動画

以下の動画にて、このスプレーガンの特性が非常に分かり易く解説されておりましたので合わせて御紹介をさせて頂きます。


この情報は役に立ちましたか?

Comment On Facebook