#

BL HY-COATER

Cutting-edge hybrid coats

OSMO Stone Coat 施工方法

1038 views

OSMO Stone Coat 施工方法

石材・コンクリート・レンガ専用に開発をされた OSMO Stone Coat (オズモ・ストーンコート) は、特殊フッ素ポリマーが配合された、高い浸透性能を有する特殊コーティング塗料です。石材やコンクリートに吸い込まれた後、石材に含まれるシリカの成分と反応して硬化。その内部にて超撥水、更には超撥油の機能を持った優れたコーティング・ブロック層を形成致します。従来の石材用コーティング剤の様に、施工表面に留まり成膜を形成する仕様とは完全に異なります。つまりは、物理的な作用… 例えば人の靴や車のタイヤに踏まれるなどして、短期間にこすれ、消えて無くなったりは致しません!!

OSMO Stone Coat

施工方法

1刷毛/ローラー/スプレーガンにて施工
刷毛やローラー、スプレーガンをご使用下さい。
水溶性ですので環境に優しい設計となっています。
施工後、数分で撥水 / 撥油性能が発現します。
施工後の風合いの変化も殆ど見受けられません。

2標準塗装条件
[ 推奨希釈率 ] :
OSMO Stone Coat : 水 = 1 : 6

OSMO Stone Coat 水性の特殊コーティング剤です。
水を使用して3〜6倍までの希釈が可能です。
施工状況をご確認の上、希釈率を調整して下さい。
標準塗布量 : 100 ± 30g /㎡
材質により異なります。
乾燥条件 : 常温にて30分程度
天候状況により異なります。

2塗装時の注意事項
通気性の悪い環境下での使用は避けてください。
素材表面の油分/水分/汚れ等は高圧洗浄等により十分に除去してください。
基材の欠損部やひび割れは、予め補修モルタル等で補修して下さい。
施工面を必ず乾燥した常態にて塗装してください。
塗装後数分で、撥水 / 撥油性が発現します (特に温暖で晴天時は顕著です)。
炭酸カルシウム系材料 (石灰、漆喰) 等に対しては反応性が弱く、性能が十分に発現する迄に数日掛かる場合があります。
保管 : 塗料は、冷暗所に保存してください。
塗料に接触した場合は多量の水で洗浄して下さい。

OSMO Stone Coat

OSMO Stone Coat : 200g / 500g / 1000g
1 ) 洗剤を使用して、汚れや油分を除去して下さい。
2 ) 水を流し洗剤を洗い流します。
3 ) 施工面を乾燥させた後、刷毛やローラー、またはスプレーガン等を使用してOSMO Stone Coatを施工します。
施工前
施工後 : 風合いに変化は見られません。
水を強靭に弾きます!!



この情報は役に立ちましたか?

Comment On Facebook