BL HY COATER

最先端の特殊ハイブリット塗料

パトジェニック型抗ウイルス抗細菌特殊塗料とは

1466 views

新型コロナウイルスへの有効性が確認されました

2020.12/28 :
QTECの試験結果により
新型コロナウイルスに対する
有効性が確認されました

2020.12/28。QTEC ( 一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター 神戸試験センター ) から試験結果がもたらされ、GlossWell #360 Type Anti-Viralに含まれる抗ウイルス抗細菌化合物 (特殊第4級アンモニウム塩) が 新型コロナウイルスに有効である事が第三者機関にて確認 されました。コーティングにより形成されるGlossWell #360 Type Anti-Viralの抗ウイルス抗細菌性能を有する特殊な塗膜は施工面に対し強靭に密着。不特定多数の人の手が触れるモノや飛沫に注意をしなければならない場所にコーティングによる安心の抗ウイルス抗菌環境を構築致します。

[ 新型コロナウイルスを使用した抗ウイルス性試験 ]

◯ 試験場所 : QTEC ( 一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター 神戸試験センター )
◯ 試験結果報告書作成日 : 2020.12月28日
◯ 試験方法 : ISO 21702
◯ 試験ウイルス : SARS-CoV-2 / NIID分離株 ; JPN/TY/WK-521 (国立感染症研究所より分与)
◯ 対象サンプル : GlossWell #360 Type Anti-Viral 未加工品
◯ 試験サンプル : GlossWell #360 Type Anti-Viral 加工品
◯ 試験結果 : 24時間放置後の抗ウイルス活性値 ≧3.2 (▶︎数値解説)

▶︎ 数値解説 : 抗ウィルス活性値 ≧3.2とは、抗ウィルス活性値が 99.9% 又は 1/1000 以上である事を示します。
※ ISO 21072にて合格とされる抗ウイルス活性値は≧2.0となりますので、今回の試験結果ではその合格値を大きく越える結果となります。

Pathogenic (パトジェニック) 型 : 抗ウイルス抗細菌特殊塗料とは

パトジェニック型抗ウイルス抗細菌特殊塗料 : GlossWell #360 : Type Anti-Viral ( グロスウェル #360 : タイプ アンチ バイラル ) とは、無機系 ( 本物のガラス ) ガラスコーティング剤をベースに、ウィルス / 細菌 / 真菌 に対し、その増殖を阻害または抑制する 特殊第4級アンモニウム塩 ( 2020.12/28 : QTECにて新型コロナウイルスに対しての有効性が実証された ) を配合した、抗ウィルス / 抗細菌 / 抗真菌の機能を有する最新の特殊塗料です。

塗料と言う特異なスタンスを有するGlossWell #360 / #240 / #750 : Type Anti-Viralは、既にそこに存在している製品や設備等に対しその施工面に極めて長い持続性能を有する強靭な抗ウイルス抗細菌塗膜を任意で付与する事が可能。施工面に対し長期間に渡り安定した抗除菌環境と安全性に優れた公衆衛生環境を構築致します。またGlossWell #360 / #240 / #750 : Type Anti-Viralが形成する硬化塗膜は、優れた超撥水性能 / 超離型性性能 (油分をはじく性能) / 屋外使用時における耐候性能 / 更にはエタノール等の対各種耐薬品性能も付与されています。またその抗除菌能力は、屋外等での紫外線の影響や気象条件の変化がもたらすPHや気温の変動にも影響を受けません。[ 日本製 ]

GlossWell #360 / #240 / #750 Type Anti-Viral のメカニズム

GlossWell #360 / #240 /#750 Type Anti-Viral は各種機材に対して強い密着性能を有する一液性特殊セラミック塗料 (バインダーと称します) 中に特殊第4級アンモニウム塩が配列された構造となっています。

GlossWell #360 / #240 / #750 Type Anti-Viral / LIGHTの構造

以下は当該塗料に含まれる特殊第4級アンモニウム塩が、新型コロナウイルスやその他のエンベロープ膜を有するウイルス (A型インフルエンザウイルス等) に対しその増殖を抑制し阻害させる際のメカニズムを解説した図です。界面活性剤でもある第4級アンモニウム塩は、新型コロナウイルスのエンベロープの脂質二重膜や膜タンパクを破壊。エンベロープ膜が破壊されたウイルスは増殖する事が出来なくなり、結果感染力を失います。

新型コロナウィルスの構造
GlossWell #360 / #240 / #750 Type Anti-Viral : ウイルスの増殖を抑制し阻害させる際のメカニズム

塗料である事の優位性

例えば肌着や衣類、寝具、メガネフレーム、電車などの吊革、まな板、シューズ等々、製造段階で抗菌機能を付与された製品は世の中に多々存在していますが、『既にそこに在るモノ / 既にそこに存在をするモノ / 動かしようの無いモノ』に対しての抗菌対策となりますとこれは一筋縄では行きません。そうした既存のモノに対しエタノール等による “消毒” は可能でありますが “抗菌となる環境”を作り出そうとした際、果たして世の中に一体どれ程の手立てが存在するのでしょうか? 

そこで導きだされた解決策の答えが抗ウイルス抗細菌機能 (対ウイルス / 対細菌 / 対真菌) を有する塗料の開発でありました。塗料であればただそこに塗るだけですので『既にそこに在るモノ / 既にそこに存在をするモノ / 動かしようの無いモノ』に対し、またそれが複雑な形状であっても更には施工面積の大小に関わらず、自由且つ意のままに抗除菌環境を作り出す事が出来ます。GlossWell #360 / #240 / #750 Type Anti-Viralはまさにそうした発想の元に創られた特殊塗料であり、優れた抗除菌性能、また超撥水性能や油成分に対する超離型性性能等が付与されています。また自然界に存在をする無機質系ガラスが塗料全体のベースとなっており、その特性を生かし各種基材との強力な密着性能 (シロキサン結合) にも優れます。完全硬化後の塗膜は無色透明。またその触感も非常に滑らかであり、既存のモノに施工を行なったとしても外観上の違和感は全く無いと言っても過言ではありません。1コートのみで完結する塗料ですので施工方法は至って簡単。勿論どなたでもご施工が可能です。

抗ウイルス抗細菌環境とは

抗ウイルス抗細菌環境とは『様々な環境下において病原性ウイルスや細菌の増殖を抑制あるいは阻害する事の出来る環境を作り出す事』を意味します。ウイルスの場合は感染先の細胞内でしか増殖をする事が出来ませんが、一般的な環境下において比較的長時間生存する事の出来るウイルスの存在も確認されております。特に不特定多数の人々が触れる物や危険箇所と判断をされる場所などに対し予め抗除菌環境を準備し対応をする事は、感染拡大の様相を呈する新型コロナウイルスの現在の状況下において接触感染予防として非常に重要であり、またこの危機が終息を迎えた以降の公衆衛生の観点より社会環境において今後重要なソーシャル・ポイントになる事と思います。

” 新型コロナウイルスの環境下での生存期間 “
・空気中(咳の飛沫で拡散した場合) : 3時間
・銅の表面 : 4時間
・段ボールの表面 : 24時間
・プラスチックの表面 : 2〜3日間
・ステンレスの表面 : 2〜3日間

[ 2020.3/20 AFP ] : 米疾病対策センター (CDC) とカリフォルニア大学ロサンゼルス校、プリンストン大学の研究チームが米医学雑誌「ニューイングランド医学ジャーナル」に発表したデータより転用。
◯ 乳幼児腸炎の起因菌であるロタウイルスは一般環境において10日間以上生存する場合がある。

◯ エイズウイルスは一般環境における各種基材表面で数日間生存する事が出来る。
◯ インフルエンザウィルスは一般環境において8〜48時間生存する事が出来る。等々。

塗膜性能

試験項目試験条件試験結果
硬度三菱鉛筆ユニを使用2H
付着性試験2㎜方眼100個作成、セロテープ剥離テスト100/100
耐衝撃試験JIS K 5600-5-3 落球試験に準ずる。300g×500㎜(直径25.4㎜)異常なし
耐酸試験5%硫酸水溶液スポットテスト、23℃×6時間異常なし
1 ) 耐溶剤性1 ) ラビングテスト(500g荷重/10往復)異常なし
2 ) 耐溶剤性2 )エタノール異常なし
3 ) 耐溶剤性3 )トルエン異常なし
4 ) 耐溶剤性4 )メチルエチルケトン異常なし
耐温水性40℃温水浸漬、100時間異常なし
1 ) 耐汚染性1 ) 油性マジック(黒、赤)乾布拭取り異常なし
2 ) 耐汚染性2 ) カーボンブラックにて汚染、汚染面と非汚染面の色差⊿E=0.5以下
耐候性サンシャインウェザオメーター(2000時間) 光沢保持率80%以上
耐冷熱サイクル60℃×3hr ⇔ -20℃×3hr (10サイクル)異常なし
耐塩水噴霧性35℃、5%食塩水、500時間異常なし
体積抵抗率JIS K6249に準拠、Ω・cm4.0×10 : 15乗
絶縁耐圧KV/0.1mm5.8
抗菌・抗ウイルス性別紙試験結果参照
RoHS指令物質含有せず

※ 素材:ボンデ鋼板 / 膜厚:6~8μm / 硬化条件:80℃×30分乾燥後、室温下で5日間放置
※ 上記数値は参考値であり規格値ではありません。

注意事項

◯ 本製品は病気の治療や予防を目的とするものでは無く、また医療品や医療機器、医薬品などの様に医療もしくは治療を目的としたものではありません。
◯ 抗ウィルス / 抗細菌 / 抗真菌性能に関しては特定試験機関にて実施された試験結果であり、その性能の効果発揮に関しては実際の使用状況により異なります。
◯ 本製品はウイルスや細菌による感染を完全に防ぐものでは無く、ウイルスや細菌による感染の予防を保証するものではありません。
◯ 可燃性の有機溶剤を使用しているため火気のある場所では施工 / 使用をしないで下さい。
◯ 塗装環境 : 通気性の悪い環境下での施工 / 使用は避けて下さい。
◯ 乾燥環境 : 乾燥時に有機ガスが発生しますので換気 / 排気を十分に行ってください。
◯ 皮膚や粘膜、特に眼などに刺激性があるため接触しないよう十分注意してください / 接触した場合は大量の水で洗浄して下さい。
◯ 本製品は無機質系ガラスコーティング剤の為、施工面にツヤが生じる場合があります。
◯ 本製品の各種試験結果等を無断で流用し、本製品以外の未知特定製品と関連付け表示/掲載した場合、その製品においては本製品各種試験結果による病気の治癒又は予防の効果がある旨の表示とみなされ、薬機法 : 医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律、及び景品表示法 : 不当景品類及び不当表示防止法等に抵触する場合があります。
◯ 本サイト掲載内容を無断にて転載及び利用した、いるいかなる第三者のWEBサイト / 印刷物 / 表示物等について一切関知するものではありまん。
◯ 本サイトにて掲載をしている全ての本文 / 写真 / 各種データ / 各種試験結果等々、無断での転載及び利用は固くお断りを致します。
◯ 各製品の詳細内容に関しましては、製品SDSシートをご請求頂きました上、そちらをの記述にてご確認下さい。

販売元 / お問い合わせ先

有限会社 プレゼンス / BAD LAND
〒230-0073 神奈川県横浜市鶴見区獅子ケ谷2-39-45
TEL 045-717-7095 / FAX 045-717-7027
e-mail : info@badland.net

代理店 / 取扱店募集中。お気軽にお問い合わせ下さい。