about

特殊ハイブリット・コートを専門とする、
開発研究所からの最新の技術を、
カスタムシーンにフィードバック!!

当該研究所では、独自の開発プロセスにより、有機物と無機物の長所を従来には無い高い次元にてブレンドする事に成功。主にシロキサン結合=Si-O結合を主骨格とする機能性に富んだ、最先端のハイブリット・コート剤を数々リリースしております。シリコーンの優れた特性を遺憾なく発揮する、まさに究極と呼ぶに相応しいハイブリット・コートは、実際に国内外の大手自動車メーカー / デベロッパーやゼネコン / 医療や精密機械の分野、そして家電メーカー / 更には多くの公共事業等の建築や製造過程にて使用されており、高い評価と実績を得ております。

オートバイや車、そして金属全般。
更には各種塗装面における、
表面処理の新基準をご提案致します。

当サイトでは、当該開発研究所より既にリリースされている汎用の各種ハイブリット・コート剤に様々なアレンジを加え、オートバイや車のボディー全般、更には各種金属 / プラスチック / 合成樹脂全般、また様々な方法により処理された各種工業製品の塗装面全般に特化した、オリジナルの特殊ハイブリット・コートの数々をご提案させて戴きます。また現在、お客様がお持ちの問題に対してのご相談も承ります。共同開発として取り組み、お客様のご要望に沿った新しいコーティング剤の開発に取組ませて戴きます。

”ガラスコートって、胡散臭い...”
そんなネガティブなイメージを一掃する、
本物のハイブリット塗料を各種ご用意。

当サイトにてご紹介をさせて戴くハイブリット・コート剤の全ては、一切の中間業者を介さず開発研究所よりダイレクトに届けられたピュアな製品のみばかり。その構成成分の比率や基準、そして機能面においても曖昧なものは何一つありません。そして、特殊塗料専門の開発研究所から直接入手... こんな大胆且つシンプルな入手ルートも今迄には無かった事でしょう。これ以上の純粋なハイブリット・コートはどこにも存在致しません。ですので、例えば "ガラスコートって、なんだかとても胡散臭い..." などと云う、そんなネガティブなイメージも、今後は一掃して頂ける事と思います。

膜厚、僅か5ミクロンにして、
驚異的な耐久性と機能性を保持。
最先端塗料って、実は、凄いんです。。。

ハイブリット・コートの真骨頂とも言える「薄膜」というこの概念。その薄さがどれ程のものかと言いますと、例えばある塗料に示された適正な膜厚は僅か5ミクロン。1ミクロンとは、1mmを1000で割った単位 (1/1000mm) ですから、これが如何に薄いかと言う事をご理解頂けるかと思います。基材塗布面を構成する分子構造をターゲットに設定し、思惑通りの機能を発揮させる為の成分を選りすぐり、そして双方を化学結合させる。。。こんな解説では笑われてしまうかも知れませんが、ハイブリット・コートによる薄膜の形成に関しては、大凡、そんなイメージでご理解下さい。。。 驚異的な耐久性と高い機能性を有するハイブリット・コートの世界を、これからもユーザーの目線に立ってご紹介させて頂きます。


HYBRID COAT : ABOUT #2

PAGE TOP